ページトップへ

隠れた編集者
新刊
近刊

隠れた編集者

シンクロニシティをテーマにした35編の短編集。一見何の関連性を持たないエピソードは、次第に隠れた編集者によって導かれていく。

著者 真名井 拓美
ジャンル スピリチュアルの本
小説・エッセイ > 小 説
出版年月日 2018/06/01
ISBN 9784896343878
判型・ページ数 四六・224ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 未刊・予約受付中
共時性《シンクロニシティ》をテーマに綴られた、35編からなる短編集。

それぞれのエピソードは簡潔ながら時に連続性を持ち、時にまったく関連性を持たない。しかし、確かに全ての物語に《編集者》は存在している。

日常の何気ない出来事、そのすべてに織り込まれたサイン―

ストーリーは次第に《隠れた編集者》によって導かれていく。
◎前世と加賀藩
◎みちづれ
◎ブルックナーのゼロ場
◎凝集するシンクロ
◎カミソリの錆
◎ミケランジェリの弾き方
◎死後の講義
◎隠れた編集者
◎サイバー攻撃?
◎グリモーのK459
◎易とビートたけし
◎間奏曲
◎接着的シンクロ
◎遠近法という象徴
◎犀星とエーテル体女性
◎『脳・胎児記憶・性』補遺
◎輻輳(ふくそう)するシンクロ
◎音のシンクロ
◎予定された編集
◎ある顛末
(*一部抜粋)

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

  • 最新情報を得るには編集部のメルマガに登録しましょう