ページトップへ

自然放射線 VS 人工放射線

自然放射線 VS 人工放射線

宇宙の認識が変わるラジウム・姫川薬石と天の岩戸開き 生命の起源は巨大隕石の遺伝子情報だった!

著者 富士山 ニニギ
ジャンル スピリチュアルの本 > 精神世界 ヒーリング > アセンション
出版年月日 2014/12/17
ISBN 9784896343502
判型・ページ数 176ページ
定価 本体1,340円+税
在庫 在庫あり
富士山ニニギ著 2014年12月発刊

安定した企業のサラリーマン生活を捨て、富士山麓でオートキャンプ場を営む著者は2011年3月 大地震の予兆を見抜き、放射線の真実と向き合い方をmixiで呼びかけることにより数多くの読者の反響を得た。

旧日本陸軍において世界で最初に原爆を作った父を持ち、幼い頃から得た知識と感性は現在のラジウム石研究と 実践により、放射線の脅威と無限の可能性をあらためて知るに至った。

そして、日本の古代史との密接な関係を 紐解くことで、ラジウム鉱石が持つ本当の意味とDNAー人類の発生と進化のヒントを再発見したのである。




■■■目次■■■
はじめに 6
ラジウム石との出会い 11

■Part 1

命の起源 17
生命の起源 18
自然放射線と人工放射線 22
ホルミシスの実体 24
iPS細胞 25
ラジウム石の種類 31
ラジウム石の分類 35
1、流紋岩系ラジウム石 35
2、花崗岩系のラジウム石 37
意識を持ったラジウム石 39
自然放射線は昔から利用されていた 43
長寿の水を発見したパトリック・フラナガン博士 45
ラジウム石の使い方 47
1、健康法 47
2、食品に使用する 51
3、その他の利用法 53
植物と放射線 58
ラジウム医療で健康保険が使える国がある 61
戦後の原爆症を厚生省はラジウム温泉で治療した 63
万病治るラジウム温泉 65
ニニギ石を腹帯に入れて朝鮮出兵した卑弥呼 67
危険な人工放射線 76
福島の放射能汚染 78
ラジウム石の工業利用 84
自然放射線を利用した無公害発
電 86神社は病院 90
洞窟に住んでいた神様 92
ラジウム石を拾いに行こう 94

■Part 2

巨大隕石の遺伝子情報 103
「ナルト」の生命情報 104
隕石は意識体 106
遺伝子と放射線 109
おわりに 131

付 録

高天原の歴史――神話は真実を物語る
(前編)前書き 134
宮下文書は日本の正史 134
人類の歴史は9000年前、ペルシャの北方から始まった 135
世界の中心は日本の富士山麓に置かれた 136
高天原の始まり(第四神朝時代 5代488年間) 136
高天原の一大事 138
富士山に投身自殺した木花咲耶媛尊 141
高天原の分裂 145
人皇天皇の時代になる 147
(後編)忘れられていく富士高天原 151
永遠に続く富士高天原 153


■■■著者■■■

富士山ニニギ(橘高 啓)

昭和46年慶応義塾大学工学部電気工学科を卒業。
日本ビクター株式会社に勤務。

昭和63年6月。 サラリーマンに終止符を打ち「富士山に行って仙人になる」と言って退社。

その後富士山麓で「西富士オートキャンプ場」を開き、山での静かな環境の生活に入る。

ちょうどキャンプブームに乗って「脱サラキャンプ場」として有名になり、キャンプ場のコンサルタントとしても活躍する。

建設省外郭団体「(財)公園緑地財団」のオートキャンプ研究会委員を務め、海外のキャンプ場視察、国内のキャンプ場建設を支援する。

平成16年6月13日。武田信玄埋蔵金発掘のテレビ番組製作でキャンプ場内の岩屋(天岩戸)を開いた。

その後、数々の不思議な体験をし、2011年3月11日朝9時に富士山ニニギのペンネームでmixiのつぶやきに「仙台に大地震がきます。避難してください」と警告した。

実際に地震が発生したことで一躍有名になる。ブログには1日10万件を超すアクセスがある。

その後mixiを通じ、ラジウム石や日本の古代史の研究を紹介し人気ブロガーとなる。

おすすめ書籍

  • 著者を囲むお茶会のお知らせ

  • ケッシュ財団の装置を製作する

  • 最新情報を得るには編集部のメルマガに登録しましょう

  • スタッフ募集中