ページトップへ

【お詫びと訂正】『家庭でできるガンの治し方 自然放射線vs人工放射線』

【お詫びと訂正】
『家庭でできるガンの治し方 自然放射線vs人工放射線』(2018/07/11発刊)の一部表記に誤りがありましたため、お詫びして以下のとおり訂正いたします。

◯74ページ(後ろから4行目〜)
[誤]
しかしこれは重要です。放射線でガンになる事は風評でもなんでもなく、事実です。。そして、一般の職場の労働環境として、年間被曝量が1マイクロシーベルト以下、原子力関係の職場では50マイクロシーベルト以下でなければならないと、労働基準法で定められています。

[正]
しかしこれは重要です。放射線でガンになる事は風評でもなんでもなく、事実です。そして、一般の職場の労働環境として、年間被曝量が1ミリシーベルト以下、原子力関係の職場では50ミリシーベルト以下でなければならないと、労働基準法で定められています。

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新情報を得るには編集部のメルマガに登録しましょう